FC2ブログ

屋根付きロードスター

ロードスタークーペで遊びまくってるyn78のブログ。 本家HPもよろしく。 http://www5e.biglobe.ne.jp/~FN14/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猛練26にストーリアで行く

5/24はいつもの舞洲にて猛練。

今回の車両はストーリアです。

天気予報が雨であり、朝はまだ降っていませんでしたので家のガレージで朝起きてすぐにシート交換
して要らないものをぜんぶロードスターに放り込む。

さぁ、行くぞ!
ロードスター、シート交換?


っと、間違いこっちです。
ストーリアwithSPG


舞洲到着し積んできて必要最小限の荷物のみ降ろし準備。
空気圧はリアを少し高めに設定。
さぁ、一体どの程度のタイムを出せるのか?

さて、ココでストーリアについて少し車両説明。

車両名:ストーリア
メーカー:ダイハツ
型式:M101S
エンジン:K3VE(1300CC、90PS/6000rpm、12.6kg・m/4000rpm)
車重:850kg
サス:Fストラット Rトーションビーム
ダイハツのコンパクトカーです。
トヨタへのOEM名はデュエットでこっちの方が良く知られているし多く走っています。
X4という競技用車両が販売されており快適装備レスも部品流用で可能なはず。
その気になればストーリアX4、ブーン(現行のストーリア後継的位置づけ)のX4のクロスミッションを搭載も可能ななにげにやる気があれば色々楽しめそうな車。
一般グレード的にはK3VE2というハイオク仕様のエンジンが載っているツーリングというグレードが存在いし(前期なら1.3Lは全てK3VE2です)、後期型であればクイックなステアリングラックがついてたりして普通に乗るにも楽しいグレードは存在します。
特徴はなんと言っても軽さでは無いでしょうか?
1tを軽く切ってくる車体、その正体は?ミラ(L700系)の幅を広げた普通車?
シートレールはミラやオプティ(L800系)と共通ですし、足回りもストラットなど流用可能。
足回りはコペンのも流用可能です。
(ポン付けで問題ないという意味で流用可能ではないので注意。)
ちなみにX4用のドグミッションも入れれるはず。

そんな車両でロードスター率の多い猛練にてロードスターにどこまで迫れるかがんばってみました。
ちなみに、今回の車両状態は・・・
・運転席にフルバケ装着(シートポジションはハンドルにちゃんと届かない)
・タイヤだけ14インチのダンロップZ1☆175/60R14
・ヌケヌケで減衰なんてほとんどかかって無さそうなダンパー(新車購入6年目)
猛練でのクラスはM4となりました。
同じクラスにはセカンドグレードタイヤのNA8とか居るのですが・・・まじで?
エキスパート認定タイムは52秒切り。

今回雨が降る予報でしたが一枠目は何とか晴れで走れました。
コースの詳細はこちら。
最初は56秒台
やっぱりこれだけダンパー抜けてて車体が動くとポンと乗って早く走るのは怖い。
どこもかしこもぎくしゃく。
特にABSの余計な介入が気に入りません。
ついてるものは仕方がないのでしばらくは我慢。
基本的にロードスターと違う走り方はしませんでしたが、決定的な差は島回りでのフロントイン側がかく事。
横方向にグリップを使用しながら外側へ荷重移動した状態でしかもアクセルオンで伸びるフロントイン側、それがシャリシャリ空転してます。
空転している状態でもフロント外輪一本でほとんど曲がっているためか?特にラインが大幅にふくらむだとかは感じないのですが、前にも進みません。
アクセル抜いてもラインがインに入るわけでもなく(舵角変えない状態で)ん~、正直どうすればいいのか?
アクセル我慢して内輪グリップさせても外輪が縦に使い始める分横が出なくてインにも入らないのか?
ならかいてても少しでも前に押すのなら内輪回しっぱなしで行った方が良い?
(ここら辺よく解ってないのでツッコミをもらいたいところ)

とりあえず、まずは車に対する慣れが必要ですのでゴリゴリ走って最終的に54秒0。

二枠目以降は雨
さて、何秒タイムが落ちるのか?
ロードスターでは
ドライベスト :48秒2
ウェットベスト:52秒0
だいたい4秒ぐらい落ちてます。
さて、ストーリアは?
午前ドライ :54秒0
午後ウェット:54秒9
へ?たったの1秒差?
すごくおかしな結果が出ました。

ウェットの走行では島回りフロントかきがさらに顕著になります。
なので、色々走り方を試してみました。
多角形的にステア切って曲げてアクセル踏んでまたステア切ってとか。
タイム的には上がらず下がらず微妙な所。
また、ABSもヒューズ抜いてみました。
向きを変えるブレーキで向きを変えるのに使いやすくなりましたが、多分ABS専用配管でプロポーショニングバルブとリアの圧を減らす部分が無いのでしょう、すっごいリアが出ます。
(リアが飛ぶのは練習としては楽しいですけど)
猛練では1コーナー後のシケインに飛び込む時に車速が乗ってるとブレーキで向きを変えるのですが、ここで四輪滑りながらシケインへの進入角作って行くのは結構しびれます。
ストーリアにかかわらず、このシケインは進入角さえばっちり出せば大幅タイム短縮可能な部分です。
ストーリアの車幅ではロードスターほどシビアな角度は必要ありませんが、車幅狭いので少し失敗してもほとんど直線になります。
走り方に問わず終始55秒台からミスって56秒で出たベストが54秒9。

今後の車の方向性
やはり足(ダンパー)は何とかしなきゃならない気がします。
中途半端に純正形状を入れるのはどうかと思ったのですが、カヤバNewSRかコペンあたり流用で減衰調整のあるスーパースペシャルを使ってみましょうかね?
出来ればシャコタンバネも一緒に入れる方向で。
あと、デフが欲しいですね。
コペン用トルセンデフが使用できるとの事ですのでまずはそれを入れたいです。
チョット耐久性に疑問がありますが・・・
それと、シートポジションは何とかしなきゃならないですね。
もうチョイ前にだしてちゃんと肩をシートに押しつけたままステア切れるようにせねば。
状態起こしながらの走行はいろんな所に力が入るし肩がこる。

ドライバーの反省
ぐりっと速度を落としてからのターンが苦手かも?
ロードスターでもイマイチなターンはストーリアでもイマイチ。
と言うことは車問題なくてもドライバーは問題ありなのねorz
というか、ブレーキが下手くそっぽいです。
(猛練本コース上では苦手な種類のブレーキ踏み方しないので)
速度落としてその後曲げていくブレーキに移行させるのがすごく下手っぽい。

猛練でのストーリアの感想
少なくとも雨ではそこそこの戦闘力があるみたいですね。
雨で自分のロードスター比3秒落ちなら晴れなら51秒前半が出てしまう計算ですがそんなに簡単にはいかんでしょう。
フルバケでの視点の変化により助手席ミラーが邪魔でパイロン見えないのは・・・対策出来ないですね~。
雨でストーリアは正解。
エアコンあると快適(笑
まぁ、とりあえず今後も楽しめそうな車です。
あんまりお金もかけられないのでぼちぼちとね・・・
スポンサーサイト
  1. 2008/05/25(日) 14:03:52|
  2. ストーリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

RSガレージワタナベ 春の大運動会(タカタ)

今回も行ってきました、TSタカタ。
今年はエントリーしたものの来れないかと思いました。
月 終電で帰宅
火 10時に退社
水 10時に退社
木 9時半に退社
金 8時半に退社
前半の怒濤の激務。しかも、タダ単に時間が長いというだけでなく製品の試験の為に過酷な環境下での仕事だったのでホントふらふら。
しかし、何とか気合いで行きました。

朝(一般的には夜中らしい)二時半にあまりにも汚いロードスターに水ぶっかけて吹き上げ出発。
阪神高速から中国道に入り、後からNBターボ号が来る予定で走行。
ひたすらぼ~っと走っていると予定通りNBターボ号が後に。
っていうか、ちょくちょく後を気にしながら走ってたのに気がついたらすぐ後に居た。
さすがだ。
そして、高速をおりてすぐのコンビニにて関西前泊勢と合流。
昼飯を買いつつしばししゃべる。
関西勢メンバーは
○神さんぐっさんNBターボさん、ルーキーRYOUHEI君、そしてホームは舞洲?ハヤシ君(ほんとは広島の人)

そして、タカタ着。
私はココまで来れただけで満足です(笑
もうしんどい、疲れた・・・これから走るんですけどね。
まいどまいどだが、夜中に350kmの距離を走ってきてからの走行は厳しい。
とにかく準備。

そんなグダグダな感じで私の走行は・・・
一番タイムが出る一枠目にまずは67”878を記録。
ほぼ前回冬のベストと同じタイム。
経験が無いサーキットで走るほどにタイムアップが期待できるので個人的には悪く無いではないかと。
二枠目、三枠目雨がぱらつき精神的に行けなくなる。
午後最後の枠にやっと元気が出てくる。
チョットがんばってみて0.2だけタイムアップ。
ベストの動画はコレ。67”715
今回、ハヤシ君(タカタは地元)に負けてなるものかと思ってましたが、結果見事に0.2秒やられました。
悔しい、今度猛練のM3クラスタイムで破りに行こう。
タカタはやはり難しい(というか怖い)。
今回綺麗に丁寧に走らせる事を考えていたのですが、それに加えてアウェイで危険なサーキットなので自分で勝手にあそこまでは行かないと決めた部分などにもより、かなりマージンを残した走行となっってしまった様子。


今回初めてサーキットで当たらし減衰設定を試した。
前々回ぐらいの猛練から使い始めたフロント4、リア6という設定。
それ以前はフロント3、リア1とかでした。(8が最強という数え方で)
猛練ではターンインの安心感が増して良い感じ。
アクセルオフでインに向いていく度合いが少し減ったという所。
今回サーキットでの感じは、やはりターンインの安心感は良い感じでしたが、それ以外の違いは感じられず。
というか、安全に走りすぎたら解らんよ(笑
MLSで試したい所ですが・・・次行けるのは涼しくなってからかな~半年ぐらい先?

私以外の関西勢はと言うと
○神さん
午前はネオバで走行し、TOPに0.6秒遅れる二位でしたが、午後からR1Rに履き替え、最終枠の最後の周回で63”1にて見事優勝。
タイムは5周か6周目辺りの周回であり、R1Rではもうタイヤがたれてしまっていてもう抜けないと周囲の思いこみにより、
あぁ~、63”1か~
え?3”1?
あれ?もしかして?
抜いてる!!見たいな感じ。
やはり、この人は普通じゃない。

ぐっさん
詳しくはぐっさんブログの方に楽しく書かれると思いますのでお楽しみに?

NBターボさん
午後一に土手と勝負し、バンパーが割れたりしていましたが、必死の修復により最終枠には元気に走っていました。
前回(06年の秋かな?)よりもパワーを落としてタイムアップの模様。
詳しいことはおっちゃんブログで読んでね。

RYOUHEI君
発サーキット、モータースポーツ4回目?ながら71”4という素敵なタイムを残す。
末恐ろしいルーキーだ。


サーキット走行後はいつもの温泉、宴会パターン。
温泉前のコンビニでぐっさんの一ネタがあったり、疲れ切っているのであまりしゃべれず見たいなところはありましたが、楽しく過ごせた。

帰りは四台編隊を組んで走行。
タカタからの帰路

途中のSAで押しがけしたり、RYOUHEI君と車を交換したりして楽しく帰った。

帰宅して、コンビニで買いだししていたお菓子を取り出して違和感。
チョコレートが・・・










































溶けたチョコ

内装のない車はコンビニ袋を置く場所にも気を使わねばならんのですよ(笑
  1. 2008/05/03(土) 10:35:17|
  2. サーキット走行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

yn78

Author:yn78
ロードスタークーペで遊んでいるyn78の主に車がメインのブログでございます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。